大学王座決定戦!そして、西日本学生ソフトテニス選手権大会…

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

同志社大学体育会ソフトテニス部広報の妹尾です。

大学王座決定戦と西日本学生ソフトテニス選手権大会が終わり、今年度の主要大会の2つが幕を閉じました。大学王座決定戦では第3位、西日本学生ソフトテニス選手権大会の大学対抗戦では第3位、ダブルスでは上岡(スポ1)・三輪(商2)が優勝をいたしました。

大学王座決定戦では、昨年度の悔しさを雪辱するために挑みました。「打倒関東」を掲げ、福岡の地に乗り込みました。予選リーグでは台北市立大学と札幌学院大学と対戦し、なんとか突破をしました。そして、決勝トーナメントに上がり、決勝行きの切符を賭けて明治大学と対戦しました。結果は0-③負け。どの対戦も序盤にリードするものの、勝ちきれず逆転負け。最後の詰めをきちっとしないと関東勢相手に優勢しても、勝利をもぎ取ることはできないの痛感しました。順当にいけば、インカレの大学対抗戦の準決勝でまた明治大学との対戦が予想されます。今度こそ勝利するためにインカレまでにできることを詰めていきます。

西日本学生ソフトテニス選手権大会では、昨年度優勝していることもあり、「西の横綱・同志社」のプライドをもとに挑みました。しかし、大学対抗戦の準決勝で四日市大学に負け、結果は第3位。向かってこられ、それを跳ね返すほどの力がありませんでした。このままでは、だめなのは部員全員が感じています。この悔しさは必ずインカレでぶつけます。まだまだこのままで終わることはできません。インカレでの同志社を見ていてください。また、女子部は初戦を突破し、今後の自信につながる勝利をもぎ取りました。2回戦では福岡大学に負けてしまったものの、この経験は女子部にとってかなり良いものとなりました。インカレではもっと勝てるように頑張っていきます。ダブルスでは並み居る強敵を倒し、上岡(スポ1)・三輪(商2)が優勝しました。

どちらの大会でも多くのOBの方々が応援に駆けつけて下さいました。本当にありがとうございました。今後も、よろしくお願いします。

また、名門大洋フェリーの長谷川様、リードワン観光の日掛様、長崎あぐりの丘ホテルの才津様、その他多くの方々のおかげで好きなテニスに打ち込むことができました。感謝の言葉では収まらない程です。本当にありがとうございました。今後、またご縁があれば、宜しくお願いします。西日本学生ソフトテニス選手権大会では、吉川(スポ4)が理事長として、古田(商4)が審判委員長として運営に携わりました。二瀧副理事長をはじめ、その他の学連のみなさんにも本当に感謝をしています。当たり前のように試合をしているとこのようにサポートをしている人のことを忘れてしまいがちですが、初心に戻ってこれらの方々の存在にありがたみを感じることで、さらに成長できると思います。本当にありがとうございました。

次はいよ いよインカレです。悲願の優勝をもぎ取るために頑張っていきます!

―2018年7月11日(水) 広報 妹尾翔大 ―

「大学王座決定戦!そして、西日本学生ソフトテニス選手権大会…」への1件のフィードバック

  1. 西日本インカレ、ご苦労様でした!岡山インカレ、もう少しだけれど、できることを精一杯やって臨もう!

多田拓也多田(1977年卒) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA